2019年スケジュール帳・作り方

2019スケジュール帳

2019スケジュール帳サンプル

2019年版スケジュール帳できました。
「月間」は見開き1ヶ月、「週間」は見開き2週間のスケジュール帳が作れます。

大きさは「A4サイズ」「A6サイズ」「ミニ6穴サイズ」の3種。
A4サイズは1枚=1ページのデータなので、お好きなサイズで印刷できます。
上の写真はA5サイズのルーズリーフに縮小印刷しています。オススメです。
(昨年まで「A5」と表記していたものを「A4」に修正しました)

ダウンロードはこちらから。
サイズ別/月間・週間
【ミニ6穴】  2019月間 │ 2019週間
【 A6 】  2019月間 │ 2019週間
【 A4 】  2019月間 │ 2019週間

作り方

「A6サイズ」と「ミニ6穴サイズ」の作り方

(画像は2015年のものですが、作り方は同じです)
2015scheprint2
(画像クリックで大きく表示されます)
私はCanonのMG6230というプリンタを使っていますが、↑のような設定だと左右ページのズレも少なく、キレイに両面印刷できます。
ポイントはAdobeReaderの「印刷」で、
・「ページサイズ処理」を「実際のサイズ」にする
・「プリンタ」設定で「両面印刷」を選び「等倍で印刷する」にする
お使いのプリンタによってキレイに印刷できる設定が違うかと思いますので、まず1−2ページの両面印刷でお試しプリントをオススメします。

2015schemake1↑印刷して、
↓切って、揃えて、穴開けて。
2015schemake2
穴を開けるときは不要なA6サイズの紙を用意しガイドにして、スケジュール帳を数枚ずつ揃えてポコンポコン穴を開けます。
ミニ6穴は6穴パンチを使うと早くてキレイにできるようです。私は過去に1穴パンチでがんばりました。(ズレまくりだけど気にしない)

「A5サイズ」の作り方 その1 ルーズリーフ印刷編

(画像は2016年のものですが、作り方は同じです)
スケジュール帳作り方
(画像クリックで大きく表示されます)
できあがりが「A5サイズ」のスケジュール帳は、「A4サイズ」を縮小印刷して作ります。
Canonプリンター/MG6230での設定例です。

AdobeReaderの「印刷」で、
・「ページ設定」画面で、印刷用紙をA5に。
・「ページサイズ処理」で「合わせる」にして、倍率70%(148×210ミリ)になっているのを確認。
  (少しズレる場合があります。気にしない気にしない)
さらに
・「プリンタ」設定で「両面印刷」を選び「縮小して印刷する」
・「とじ方向:長辺とじ(左)」

私はこの設定でうまくいきましたが、プリンタや環境によって違うかもしれません。
試しに1-2ページだけ印刷して、うまくいっているか確認するのがいいと思います。
ルーズリーフに印刷するので、切ったり穴開けたりの作業も不要、キレイに仕上がってオススメです!

「A5サイズ」の作り方 その2 小冊子印刷編

(画像は2016年のものですが、作り方は同じです)
2017a5print
(画像クリックで大きく表示されます)
できあがりが「A5サイズ」のスケジュール帳は、「A4サイズ」を縮小印刷して作ります。
同じくCanonプリンター/MG6230での設定例です。

AdobeReaderの「印刷」で、
「ページサイズ処理」で「小冊子」を選択する
・「小冊子の印刷方法:両面で印刷」
・「綴じ方:左」
・「向き:縦」各シート内でページを自動回転にチェックを入れる
さらに
・「プリンタ」設定で「両面印刷」を選び「等倍で印刷する」にする
・「とじ方向:短辺とじ(上)」
ちょっとややこしいです。
また、お使いのプリンタによって設定が違うかもしれません。
印刷できたら、全部そろえて半分に折ると、A5サイズスケジュール帳のできあがりです!
…が、そのままだと半分に折った紙の束なので、製本したり厚紙で表紙つけたりするとよさそうです。

ぜひお好みのサイズで印刷して使ってくださいね。
サイズ別/月間・週間
【ミニ6穴】  2019月間 │ 2019週間
【 A6 】  2019月間 │ 2019週間
【 A4 】  2019月間 │ 2019週間

スケジュール

Posted by kfsachie